パレスチナ大使と



駐日パレスチナ大使のワリード・アリ・シアム氏と。

これまでの人生での「出会い」や「行い」が星のように点で存在していた。それぞれが少しずつ繋がり合って「線」になり、そこに今度は多くの細く短い線が生まれた。そして、それぞれの短い線が集まり、後ろを振り向くとその轍に太い線がまるで「道」のように出来上がっていた。

その道に吹く風は自然に僕を然るべきところに押し運んでくれる。今回の訪問は正にこれだった。「音楽家として社会にどう在ることができるか?」答えのない問いの様。しかしそれは常に僕の中に否応無しに重く存在している。どうしようもできない。

世界には様々なことが起こっているその瞬間に生を与えられている現実から目を背けることはできない。その中に一輪の花の如く音楽が存在している。

ご縁を与えてくれた友人に心から感謝します。
--

特別レッスン


本日より情報公開。この企画も気付けば7回目。


お陰様で今日まで多くの方々に興味を持って頂きました。リピーターの方々の成長、変化も強く感じこれは一つの「旅」のよう。


皆様と共にベヒシュタインピアノで音楽を探求できる喜びに心躍らせています。


ぜひご参加ください!


--

ベヒシュタイン特別レッスン


ベヒシュタイン特別レッスン終了。受講生はじめ全ての関係者に心から感謝申し上げます。色々なピアノに触れることの大切さをあらためて強く感じつつ。本当に色んなメーカーがあるよね。どのメーカーにも素晴らしい個性がある。その個性と対峙し音楽を創る喜びを噛み締めています。

次回も8月に企画されるとのことです。毎回、コンクールや受験等を控えた中学生から大人の方、指導者の方々まで幅広くお申し込み頂いてます。ご興味頂き本当に感謝です…!ぜひお問い合わせ下さい!
--

楽器と身近に



レッスンが始まる前に張弦と調律を。調律師って本当に凄いですよね。工具系は男子心をくすぐります。
--

家族それぞれの思い

ロンドン橋テロのニュースに心を痛める。

友人の無事に安堵するも、それでも亡くなった方々の悲しみを思うと正直言葉を失う。

世界のいつどこで何が起こるかわからない今日に不安が襲う。

夕方妻との会話の中で彼女が「私はあなたが海外公演の時はある種の覚悟をしてる」との言葉をふと思い出し心に一筋の緊張感が走る。

最近はいろんな話が解るようになってきた長女がふとした会話の流れで「パパは絶対に星(死なないで)にならないでよ」と、そして「ははは、絶対にならないよ」と僕。

安心した表情で布団に入る子供達。

今、深い眠りについている彼女たちの寝顔を見てゆっくりと湧き上がる感情に言葉が見つからない。

ただただ、日々を大切に生きよう、家族との時間を大切にしよう、と…
--