感謝という手紙

2012年も残すところ後少し。今年も大変お世話になりました。

 多くの方々からご理解、ご支援いただき、それが大きな支えとなってたくさんの貴重な経験をさせていただきました。音楽の道というのは終わりがなく、先の見えない小道をただただ進んで行き、何故だかわからないけれどその先に本能的に確信を抱く「ある種の感動」の存在を強く飢え求め続ける、そんな感じがします。

 コンサートの話。2012年のコンサートはエジプトのカイロでの公演が印象的でした。エジプト民主化革命と東日本大震災のためのコンサートで、日本人とエジプト人の共演によるチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番を演奏しました。このコンサートは多くの方々のご協力により実現したコンサートで、その多くが音楽関係者ではありません。その関係性の「在り方」がとても素晴らしいと思います。1つのモデルケースとして日本でもこれが「スタンダード」になればいいなと思います。演奏者と言うのは1人で演奏会をしているものではありません。たくさんの方々の協力上がって初めて奏者は舞台に立たせてもらえるのです。

 教育の話。帰国後指導者と言う立場から多くの事を学びました。知れば知るほどその難しさを痛感するのですが、知るということは成長するスタートラインでもあります。僕の恩師であるDetlef Kraus(デトレフ・クラウス)先生はレッスンが終わる時いつも僕に「ありがとう」と感謝を述べられました。先生が生徒にありがとうと言う事が当時上手く理解できなかった僕は、先生に「なぜ?」と聴くと、先生は「必ず毎回君から学ぶ事があるからだよ」と答えました。先生も生徒から学んでいる、そんな姿勢にその時とても驚かされました。僕はそんな人で在りたいと強く思います。先生はドイツ語でzusammen arbeitenとよくおっしゃっていました。直訳では「一緒に働く」と言う意味ですが、この場合は「一緒に音楽を作りをしていこう」という"ニュアンス"です。レッスンでは同じ立場になってその音楽的課題に一緒に立ち向かうという事です。Detlef Kraus先生だけでなく、僕が師事した全ての先生が口にしていた言葉です。これはドイツ留学の中でもとても印象深い言葉の1つでした。

 家族の話。娘もあっという間に1歳8カ月です。速いですね時が経つのは。1月にはもう1人増えます。奥さんと娘2人の存在は大きな心の支えとなります。ほとんど子育ては奥さんがしてくれてるので僕なんかが言うのはどうかと思いますが、それでも感じるのは、子育ての大変さを周囲からよく言われるけれど、子供や家族はそれ以上の感動を毎日与えてくれるという事です。子を持ち始めて知るパートナーへの更なる愛情、そして親心。親心を持ち初めて知る両親への感謝と尊敬。

 心の話。僕が何故音楽をするのか、ピアノを弾くのか、とよく質問されます。その答えは・・・ここでは書きませんが、よく話題にちらりと出すのだけど笑われて終わってしまうことが多いです。ある時、とてもお世話になっている方々の食事会でその「一言」を言ったことがありました。誰も笑いませんでした。むしろ「当たり前の答え」のような雰囲気がありました。それがとても嬉しかったです。僕の音楽を支えているもの・・・その気持ちを持ち続ける限り僕はこれからも自信を持ってピアノを弾き続けることができるでしょう。それを持つことができない時は僕がピアノを、音楽をやめる時です。

 最後になりますが、これからも自分の言葉で音楽を語り続けたいと思います。作品と対話すること、ピアノに問いかけること、ピアノから聞こえてくるピアノの「声」に耳を傾けること、そうすると自分の声も聞こえ心情が見えてくる、作品は自ずとその姿を現し始める・・・そこで初めて自分の言葉に成っていくのかもしれません。その音楽的言葉は奏者の生き様を写しだし、作品を更に魅力的に、そして奥深い世界へと聴衆や奏者をいざなってくれる・・・。

 来る年も多くの出会いがありますよう、素晴らしい音楽と共に生けますよう、家族が愛に満ちますよう、心からの感謝の気持ちを持ってご挨拶させて頂きます。来年もどうぞよろしくお願い致します。

子供へのプレゼント


遅くなったけど子供へのクリスマスプレゼントがほぼ完成。娘もあっという間に1歳8カ月。たった1年8か月という短い時間だけど、凄い速さで大きく成長して行くのを見ると既に少し寂しいと感じてしまう。

僕もついこの間まで小学生で鬼ごっこをし、中学では部活とピアノを、高校で音楽高校に進みがむしゃらに練習し遊んだりして色んなものを吸収した。大学を中退しドイツへ渡り色濃い9年間を過ごし帰国し子供ができた。

2度と同じ時間は訪れない、と思うと今を一生懸命に生きその足跡を残そうとするのは僕だけでないはず。娘もすぐに大きくなる。子供と一緒に過ごすその足跡を残したいと思い、少しずつだけど丁寧に時間をかけ作ったのが今回のクリスマスプレゼント。これからが長いと思われるかもしれないが、時間が今の速さで過ぎて行くのならこう思うのも決して大袈裟ではない。


・・・さて、子供用キッチンの話。

住まいがマンションゆえにDIYをするには適した環境ではない。子供も落ち着きのないので作業は基本的に娘が寝静まった後、お風呂場とかでする。もちろん日中もするけどちょっと慌ただしい。だから失敗もする。

以前からDIYが好きだったので数は多くないけど家の中には僕が作ったものがいくつか使用されている。ダイニングテーブルや、テレビ台、おもちゃ箱、要らなくなった棚に手を加えたオーディオ台等・・・。

それらの余り木がたくさんあるので、今回の子供用キッチンはそれらを出来るだけ再利用することを決めていた。後は100円ショップのダイソー、キッチン小物はNatural Kitchenとかで揃えた。土台はカラーボックスを使用し、ガーデニング系の木材も使ってみた。無垢の温かさを大切にしたかったので塗装は極力避け、水道の蛇口だけおもちゃ感を出すためにポイント塗装。あえて水彩画用の絵の具を使い上から軽くヤスリをかけることによって温もりと柔らかさを演出。

子供の想像力を大事にしたいので行き過ぎたデコレーションはせずなるべくシンプルに。また、子供が使うからと言って怪我をしないようにとか、危ないからクッションを挟んだりというケアーは基本的に無し。もちろんヤスリをかけ棘が出ないようにとか、角を少し丸くするとかはしたけれどあくまでも必要最低限に留めておく。なぜなら子供はある程度の危険を感知したり経験しなければその危険を学ばないからだ。


多少購入した木材は軽く柔らかめの物を選んだ。なので総重量はそんなに重くない。ガスコンロはコルクの薄いコースターを2枚ずつ重ねた物を、下のダイヤルは回るようにした。家の中に残っていた木ネジやらその間に挟む金属の丸い板、蝶番など、探してみると色々と出てくる。残り物で結構出来るものだ。後は奥さんがカフェカーテンを縫ってつっかえ棒で掛けるだけ。

子供が寝てから少しずつ削ったり切ったり接着したり塗ったりする時間がとても楽しかった。娘はさっそく飛びつくように遊んでいる。僕らはそれを見ている。微笑ましい光景だ。朝になるとお皿に木のブルーベリーを入れて「どーじょ(どうぞ)」と言って食べさせようとする。教えていないのに色んな事が出来てくる。さて、次回は何を作ろうか。

気持ちが冷めない

以前の記事で西荻窪にある音楽カフェ「TOPOS」について載せた。数日経った今も気持ちが冷めないので、その事についてもう少し詳しく書こうと思う。

何よりもまず伝えたいのは、店内に居た人達の表情だ。とても良い、豊かな幸せに満ちた表情を浮かべていた。そこには看板犬である黒のラブラドールがいるはずだった。僕が訪れた時は残念ながらすでに亡くなっていた。TOPOSのお母さんは「いまだにホームページに載っている写真を変える事が出来ない」と目を下に向けつつも少しだけ温かい表情で語っていた。

TOPOSには1台のグランドピアノがある。1960年代BECHSTEIN(ベヒシュタイン)、ドイツ生まれ世界3大メーカーの1つだ。名器と謳われているが、実際に間近で聴き弾いてみるとその由縁を理解する。

温かくふくよかな音色、クリアな音の交わり、瑞々しく生命力に満ちた豊かなハーモニー、何処までも遠くまで続く美しい小道の様な音の伸び、どんなに静かに弾いても命の灯火が消える事のない弱音、壮大なオーケストラの様な響き…言い出したら切りがないがとにかく魅力に溢れている。

月に1日だけ「ピアノの日」というのが設けられている。お客さんはそのピアノを好きな時に好きな曲を好きなように演奏できる。もちろん他のお客さんも店内にいて食事をしたり珈琲を飲んだり静かに世間話をしている。

けれどそれは決して分離された空間ではなく、各々が好きな事をしているんだけど、ピアノの音色、作品を楽しみながら時を過ごしている。皆でその空間を創っている。その雰囲気は居心地が良く誰かの家のリビングの様な感じだ。優しくピアノの音色が包み込む。

僕も友人に誘われ初めて伺ったが、そこの空間に直ぐに魅了された。みんな順番にピアノを弾いている。自由な気持ちで。心を裸にして。

「ピアニストの末永さんです」と紹介された。普段よく見るのが「プロのピアニストの前で恐れ多くて弾けない」とか「ましてやクラシック以外なんて」とか、まぁ色々だ。しかしここではそんな気持ちは微塵も見せず極々自然体で受け入れてくれた。みんなは黙々とピアノを楽しみ、周りは味わっている。僕は「なんて素敵な空間なんだろう、なんて気持ちがいい人達なんだろう」と思いつつその空間に身を委ねていた。

演歌を弾く人もいればポップスを弾く人もいる、クラシックが演奏されビートルズを演奏する。

みんなピアノが好きで、音楽が好きで楽しみたい、その一心なんだ。僕は何となく嫉妬さえ感じてしまった。羨ましい。こんな気持ちが集う場所があるなんて。

僕もその順番に混じり、ブラームス、シューマン、ドビュッシーを演奏した。目を閉じ体全体で音楽を感じている人もいれば、食事をしている人もいる。

またTOPOSに行きたい。そこには音楽を味わう「心の原点」があるように感じた。

みんなにまた会いたい

レクチャーコンサートin京都、無事終了。お客様はじめ、旭堂楽器店関係者皆様に深く感謝。

レクチャーコンサートは難しい。けれど楽しいとも思う。なぜなら自分の知らない事、出来ない事が明確に表れるからだ。けれどそれが、知る、出来る事への出発点になる。これでまた少し先に進むことができる。更なる先を見渡すことができる。この先には一体何があるのだろう?と漠然とした隠しきれない期待感に溢れる。だから音楽は面白いし楽しい、そして感動する。

一昨日の神戸、昨日の京都で出会ったみんなにまた会いたいと心から思う。また一緒に音楽の時間を作って一緒に疑問に思い、気がつき、驚きたい。再度深く深く感謝。

東京に向かう新幹線でワインを飲みながら聴く白井光子さんのブラームスひばりの歌が心に染み過ぎるよ。

今日はこれから大学。学生達はどんな音楽を聴かせてくれるだろう…。

だからトークは苦手なんだって


おととい、神戸でのレクチャーコンサート。ユーロピアノ関西ショールームを閉じるということで光栄にも最後のイベントを務めさせて頂いた。

BechsteinA175を使用し「ポリフォニー」「カンタービレとは」「ハーモニーの色彩感」「ピアノの交響的表現」についてお話と演奏を。相変わらず僕はトークが下手だ。そんな僕でも使ってくれるユーロピアノさんに感謝。

色彩豊かに色んなピアノに溢れれば良いな、と心底思う。お客様も熱心に聴いてくれて、難しい質問も飛び交い最終的には「解りません。皆さんで考えて次回お会いする時に各々答えを披露し合いませんか」と答える始末。温かい雰囲気で楽しくレクチャー、ガッツリと演奏させて頂きました。皆様ありがとうございました!

写真はショールームの片隅に置いてあった1898年のBechstein。燭台が良い感じです。

カフェTOPOS

ブラームスの本番を終え西荻窪にある隠れ家的カフェTOPOSへ。そこには1960年代のBechsteinがある。温かく深みがあり優しい音色が空間を満たす。

音楽愛好家達の集いの場所らしく、各々が交代しながら好きな曲を好きな時に好きな様に弾いて行く。そこに僕もいれてもらった。みんな気持ちを裸にしてピアノに向き合い演奏に耳を傾けている。最高の雰囲気だ。食事をしながら、カフェを楽しみながら、静かに会話を楽しみながら…。

そこはまるで個人宅のリビングの様な雰囲気。漆喰が塗られ落ち着きのある空間だ。14、5人入ればほぼいっぱい。

食事、珈琲、ケーキと全て美味しく頂いた。ふと周りを見渡すとみんないい顔をしている。「幸せ」この一言に尽きる。

そこには純粋に音楽を楽しんでいる光景があった。専門でやっている僕らが最も大切にしなくてはならない純粋な初心。来て良かった!誘ってくれた安達さん(コンサート企画)に感謝。

帰宅後、今夜は家族は居ないので1人。明日から神戸と京都でコンサート。1人で準備をするが、静かでいいなと思いつつも心のどこかがカランと寂しい音をたてている。