新芸術企画コラムvol.25【ドッカイリョク】

新芸術企画Facebookページで続けているコラムVol.25を、アカウントを持ってない方のためにこちらにもアップします。

新芸術企画Facebookページ
https://www.facebook.com/pages/%E6%96%B0%E8%8A%B8%E8%A1%93%E4%BC%81%E7%94%BB-New-Arts-Management/300072103455612?ref=hl

画像はクルターク作曲ヤテコック(遊び)より
「パガニーニを讃えて」の一部です。
音符が少し大きいですね。
草野心平の詩「冬眠」を思い出しちゃいます。


コラムvol.2【ドッカイリョク】
 
読み解く力。我々音楽家で言えば「読譜力」とでも言おうか。
 
J.S.バッハは1685年にドイツ中部にあるアイゼナハと言う小さな街で生まれ、1750年ライプツィヒで生涯を閉じた。65歳だった。彼が生きていた時代と言うのは今から約300年~250年程前の事である。
 
クラシック音楽は別に彼に始まったわけでもなく、そもそもクラシック音楽というジャンルが何かのきっかけで生まれたのではない。音楽史学、歴史学の観点からみればバッハは非常に新しい作曲家とも言える。いつどこでどのように音楽は生まれたのかなんて話はとてつもない壮大な話になるわけで…。
 
先日、作曲家の加藤真一郎氏の作品を東京文化会館で行われた「プレゼンテーション」というコンサートで演奏(初演)させて頂いた。いわゆるゲンダイオンガクである。日本人作曲家による日本国での最も新しい作品がそこで産声を上げる。日本を代表する作曲家の方々も多く来られていた。
 
作品を初演するにあたって作曲家からの直接指導をお願いした。これは、普段ベートーヴェンやショパン、バッハなどを演奏する我々にとってはとても貴重な経験である。作曲家ら直々その作品の解釈を教えてもらえる。それはとても有意義な時間であった。そして加藤氏はこう言葉を残した「作曲家の意図を全て楽譜に記すことはできない」と。それはとても印象的な言葉だった。以前からそれを他の作品でも強く感じていたが(むしろ作曲家の意図を全て楽譜に記すことが出来る、という事の方が不自然である)、実際に作曲家本人からそれを耳にし、さらには作曲家の意図を直々にうかがえることは状況として我々演奏家が普段ベートーヴェンやバッハを勉強することとは異なる。前者は記譜されている事と作曲家の意図の「明確な距離」を知る事ができ、後者はあらゆる音楽的知識と経験による「推測の域」を出ない。
 
300年前の人間と今生きている人間とは何の違いがあるのだろう?ある意味「違いなんてなんにもない」のかもしれない。バッハだからこう弾くこう表現する、ショパンだからこう、ストラヴィンスキーだから、武満徹だから、加藤真一郎だから、とは何を意味するのだろう?作曲家は「楽譜」によってのみ、その「伝えたいもの、表現したいもの」を残す。僕らはそこから読み解かねばならない「これは一体なんなのか」ということを。明確な距離を知ったところで、推測の域を出ないところで、演奏者自身がまず「音から感じ得る事が出来なければ何も始まらない」のだ。導くのではなく導かれなければならない。
 
300年前の人間も、道端に咲く一輪の花に美しいと思えたはずだし、大切な人を失えば悲しいと思っていたはずである。そしてその気持ちは今生きる我々も変わらない。300年前も今も変わらない。僕の師事した先生はこう言った「モーツァルトの腕を切ったら何色の血が出ると思う?我々と同じ赤色だよ」と。バッハを弾こうが加藤真一郎を弾こうが何も差異はないわけで、楽譜によって導かれる精神性や感情に対話する。そうしてようやく、演奏表現における様々な事を導くことができ、作曲者の背景が意味を成し始める。
 
なんてピアニストとしての専門的な事を今回は書いてしまいましたが、ようするに・・・なんでしょう?個々の読解にお任せします。おわり。
 

新芸術企画コラムvol.22【半学半教と愈究而愈遠】


新芸術企画Facebookページで続けているコラムVol.22を、アカウントを持ってない方のためにこちらにもアップします。

新芸術企画Facebookページ
 
ハンス・ライグラフ先生のレッスン風景
ザルツブルグ近郊
ベートーヴェンピアノ協奏曲第5番「皇帝」
 
コラムvol.22【半学半教と愈究而愈遠】
 
慶応義塾の関係者なら非常に馴染みある言葉であるが、それ以外の人間にしてみたら初めて耳にする人も少なくない。「半学半教」とは「共に学び、共に教え合う」ことである。では「愈究而愈遠」とは?慶応義塾のホームページには以下の説明が載っている。
 
(以下引用)しかしこの「半学半教」はあくまでも学科課程が未整備の段階で、教員の資格についての法的規制がゆるい時代のことであり、かつ財政基盤の弱い私学がやむをえず行った教育方法であって、これはもちろん好ましい状態ではなかった。しかしこの仕組の根底には、学問は上達すればするほど奥深く、それを究める事は一層難しくなるもので、学問の完成とか成就ということは永遠の課題なのだという考え方、すなわち福澤先生が好んで揮毫した「愈究而愈遠(いよいよきわめていよいよ遠し)」の思想が潜んでいることを見逃してはならない・・・
 
僕は慶応の関係者ではないのでそれ以外の事に関しあまり詳しくは解らないが、少なくともこの二つの言葉を知った時ふと思い出した事があった。それは僕が師事した先生たちの「言っていたこと」や「教育、生き方、音楽芸術への取り組み方」等の姿勢である。全くと言っていいほどその精神は同じであり、そこから学べることは余りにも多かった。

ドイツにいたころ、師事した先生たちは共通して「レッスン」のことに対し「zusammen arbeiten(英:zusammen=together, arbeiten=work)」という言葉を頻繁に使っていた。勿論いろんな言い方をすることもできるが、けれど共通していたという事実は非常に興味深い。そこには「先生と生徒であり、私があなたに何かを教える」という姿勢ではなく、「音楽芸術、それらの作品に対し共に立ち向かって創っていこう」というニュアンスが強く含まれる。先生と生徒という関係ではなく、作品の前では音楽を愛する皆同じ人間である、仲間であるという意味での平等性がある。そしてレッスン後に先生はいつも僕に「ありがとう」と言った。初めは「なぜありがとうと言うのだろう?僕が言うべき事なのに」と思ったが、尋ねてみるとこう答えた「私も今日タダシから多くを学んだからだよ」と。僕が先生に何かを教えたのか?と不思議に思ったが当時の僕はこの関係性にとても人間的な温かさを感じた。日本帰国直前のレッスンでは、先生は最後まで楽譜に対し疑問をぶつけていた。逆に僕に「ここはどうすればいいのだろうか?」と質問することもあった。…仲間であり、チームである。僕はそんな先生に更なる信頼と尊敬を覚えた。先生はその10ヶ月後に他界する。

帰国後、大学で教えるようになって早6年。ふとその時のことを思い出す。知れば知るほど、経験すればするほど「半学半教」「愈究而愈遠」を思う。作品と対峙し続ける(根本的には全て繋がっている)日々、毎時間、毎分、それを思う。深く暗い森の中を歩いているかのように進めば進むほど先に見えてくるものに魅せられる。届きそうで届かない。もしくは、既に届いているけれど(進むからこそ)更に届くものが見えてくる、という事なのかも知れない。教育現場ではそれでも多くの失敗を重ねた。教育とはその一言で活かすことも出来るが殺すことも出来てしまう恐ろしいものである。生徒たちは、生徒である前に「人」である。僕は彼らの何を見ているのだろう?自身の未熟を知る。彼らによって僕は教えを学ぶ。彼らによって新たな気づきをもらう。彼らによって自分自身を見る。

半学半教と愈究而愈遠。これはもはや学問だけの言葉に在らず人生そのものである。人生そのものが学びに満ちている。そして感謝を、信頼を、尊敬を知る。あの先生に出会えてよかった、あの生徒に出会えてよかった、結局は出会いであり、「人と人との対峙」から全てが始まるのかもしれない。

2013/6/13
ピアニスト 末永 匡

星と森と絵本の家

約一週間後、東京文化会館で現代音楽を演奏する。その後は名古屋、群馬、京都でコンサート、レクチャー、レッスンがある。頭を一度リセットしたいこの時期、今日は急遽、三鷹にある【星と森と絵本の家】に行った。大正時代の古民家とその庭に広がる、絵本と緑に触れる想像の世界。素晴らしい家族とのひと時だった。という事で今回も写真メインで進みます。

三鷹市星と森と絵本の家ホームページ
http://www.city.mitaka.tokyo.jp/ehon/

より詳しく紹介しているページ:NATURE NET
http://www.nature-n.com/visiting/008/obs_02.htm

ほとんどが手作りの環境
大人にとっても懐かしいおもちゃや絵本も
子供は興奮隠しきれず、スタート
 
大正4年に建てられた官舎を移築
全てがレトロ
温かい雰囲気です
 
管理棟も併設
スタッフの方々がとても親切
いたるところに昔懐かしのおもちゃがある
ここは絵本に出てくる昔懐かしの道具やおもちゃなどを
実際に触って、遊べる

庭には工作スペースも
木や葉っぱ、その他いろんな材料を使って自由に工作できる
子供も楽しんでるけど、実際のところ大人の方が楽しんでるかも

ペイントも可
 
近所の家族がぞくぞくと集まり始めてきた
子供たちは勝手を知りつくし
各々が自由に遊び始めている
想像力の渦を感じます

庭に一本の琵琶の木が
勝手に取って食べていい
嬉しいですね

甘酸っぱく美味
奥さんも子供もバクバク食べてました


家屋に入ると懐かしい畳と木の匂い
約2,500冊にのぼる絵本等が並ぶ
 
 
奥さんも無我夢中になって絵本を見る
子供も楽しいけど大人も楽しい
絵本は決して子供もためのものだけにあらず

奥にはKAISER ORGAN KAWAIを発見!
これはとても興奮
早速試弾
何とも言えずノスタルジー溢れる音色で
このレトロな家屋にピッタリ
まさにタイムスリップ
日本における楽器制作の歴史の一部に触れた感じです

近所の子供たちがドミノで遊んでました
うちの娘も一緒にと思ったけどすぐ倒してしまうので見てるだけ
とても優しいお姉さん二人です

庭を散策
緑の香りに包まれる
長女は全てに興味津々

簾一つに日本を感じる
季節を感じる

余った木で作られたかのような積み木
温もりがあります

散策続く
子供にとってもはやロビンソン・クルーソーに匹敵する
冒険なのではないかと思いながら遠くから眺める僕です
 
初ハンモック
気に入ったみたいで
帰りの車内で
「ゆーらゆーら」と連呼

古民家の漆喰にこの天井の高さ・・・
こういうところを住居に、そしてピアノを置きたい
と個人的に思ってしまう

車ですぐ来れてそして無料。遊び道具は自然のもの。そして絵本。次回はお弁当持参で来たい。外にはコマとベーゴマがあり、自分の子供時代を思い出す。30代の大人にとっても懐かしさを感じることができ、そして子供にとっても非常に刺激的な素晴らしいところ。所沢市にもこういうのがあれば良いと切に思う。

子供たちは疲れ果てたのか、布団に入ったらすぐに夢の中。この時間(夜9時)で家族は寝てしまい僕一人リビングでブログを書く。静かで昼間の賑やかさはどこへいったのだろうと、何となく不思議である。とは言っても明日の朝は誰より早く長女が起きて叩き起こされるんだが・・・。

さて、これからレクチャーの資料作成。惹きのあるプレゼンができるといい。

新芸術企画コラムVol.20 【ではお前だったらどうするのだ?と自問する】

新芸術企画Facebookページで続けているコラムVol.20を、アカウントを持ってない方のためにこちらにもアップします。

新芸術企画Facebookページ
http://www.facebook.com/pages/%E6%96%B0%E8%8A%B8%E8%A1%93%E4%BC%81%E7%94%BB-New-Arts-Management/300072103455612




「ではお前だったらどうするのか?と自問する」
 
例えばコンサートで配られるプログラム。そこに載っている曲目解説。「聴衆の中でどのくらいの人達がこの文を理解しているのだろう?」と思う。専門の方々はもちろん、音楽愛好者の方々にはとても刺激的な文なのかもしれない。しかし(特定のコンサートを除いて)そうではない聴衆も多いのではないだろうか?そしで僕は曲目説明の位置づけについてふと思う。これは、当日プログラムとして来られる全ての方々に配られるという事は、全ての人達に「解ってほしい」のであって、決して一部の方々のみのために用意されているものではない。作曲家や作品の背景等はいいとしても、作品の楽章ごとの説明は(知っている人にとっては非常に基礎的な言葉であっても)一つ一つの言葉に説明が必要なくらい専門用語に溢れている場合が多い。これは「解らない人は読まなくてもいいよ」ってことなのか?そしてその場は「これどういう意味?」と聞くに聞けない悲しい雰囲気に満ちている。いずれにしても、徹底した曲目解説等を知りたければ、専門店に行けば充実したラインナップと出会えるのである。
 
個人的にクラシック音楽とワインの世界はなんでこんなにもうんちくが多いのか辟易しているが、もっと簡単な言葉で多くを伝えることはできないのだろうか?これらのジャンルに限らず、時に横文字が多い文もその一つである。勿論、それらの言葉があるからこそ簡素に文をまとめ、多くを伝える事が出来るのだが、しかし本来それらの情報とは「人に理解されるべき」ものであるはずである。
 
クラシックコンサートで「敷居が高い」と言われることが多々あるが、その一つの原因が排他的に思わせてしまう曲目解説も含まれるのかもしれない。もっとも「どういうところに敷居が高いと感じるのか」というアンケートがあると面白いかもしれないが。
 
僕の尊敬している先生の一人に、野本由紀夫氏という方がいる。学生時代、彼の講義はとにかく人気があった。教室に人が入りきらないほどに。なぜだろう?それは「解りやすい」からである。そして彼はレクチャーで日本全国に呼ばれている。彼のレクチャーは専門の人ではない方も来られ、こう口を開く「難しい言葉がなく解りやすい。そして楽しい」と。僕もそのレクチャーを聴講しに行くが、それは決してドラマティックで華やかなプレゼンではないけれど、人間味溢れ、ウィットに富み、簡単な言葉で、多くの理解に導いてくれる。
 
これは音楽に限っての話ではない。基本的に話の面白い人はどのようなジャンルでも言葉がシンプルであり、そしてその言葉がスッと体に入ってくる。
 
 

家族との時間

ここ数日家族との限られた時間を大切にしています。今回は写真をメインに「家族との時間」だけにスポットを当てた記事にします。非常に個人的な記事ですが、個人的なブログである故にご理解下さい。書きながら個人的に楽しんでます。そして・・・僕は家族に支えられていると実感します。

先日近くの動物公園へ。
絵本でしか知らなかったキリンに初対面。

簡易テントをいつも車に入れている。
芝生を見つけてはそこに広げてランチ。
うっすらと広がる雲のお陰でとても心地よい風。
ピーターラビットの作者ポターの資料館。
入館しなかったけど、外だけで十分楽しめる。

外観。庭も手入れされて本格的。


庭の一角


スターバックスラテとシナモンロールケーキ。
もちろん温めてもらいます。
娘も喜んで食べます。

次女は常に睡眠。
静かだから嬉しい。

今日は近くのパン屋へ散歩。
何気ない道がいい思い出として残る。

England Streetというパン屋。
インテリアのコンセプトがとても気に入っている。
店員さんとも親しくしてます。

パンも美味しいが、今回はパンは買わず
ジュースだけで楽しく過ごす。
(ほとんど売り切れていた)

店内にはHayley Westenraの歌うDanny Boyがかかっていました。
最高に心地よいです。

落ち着いた店内。ぼぉっとするだけでも価値があるこの空間。

・・・っとまぁこんな感じですが、ちょっとした時間でもこういう時間を作るのはとてもいいものです。腰が重くとも、その数分を頑張るだけで、そして荷物が一つ増えるけど、簡易テントを持ってるだけで、その時の時間が100倍にも充実します。

家族は深い夢の中。夜も更けるこの時間がとても好きです。練習や本番、仕事に追われれば必然的に家族との時間はとれなくなる。だからこそ少しでも許されるのであれば家族との時間を共有したい。子供はあっという間に大きくなっていく。今と言う時間は今しかない。だからこそ、そのおかげで僕は更に成長する事も出来ている。成長させてもらっている。

今回の記事は家族のテーマのみです。いいでしょう、たまには。