(ようやく)都フェスの打ち上げとピアノの話

一か月前のコンサートの打ち上げを一ヶ月後にするわけで、ようやくスケジュールも合い楽しみにしていた日でした。

詳しいことはこちらの記事をご覧下さい↓
「都民芸術フェスティバル2015でのベヒシュタインピアノとベートーヴェンについて」
http://tdsuenaga.blogspot.jp/2015/02/2015.html

これは日本演奏連盟が主催のビッグイベントの一つです。いつもお世話になっている方とようやくコンサート後会う事ができ、打ち上げた、ということです。

終始「音楽業界、大学、オーケストラ、ピアノメーカー」について熱く語り合いました。こう言う時のお酒はとても美味しくいただけるものです。

特に「ピアノ」については深く言葉を交わしました。

あの日の夜、あの場にいた(オーケストラもマエストロも含め)全ての人達がベヒシュタインD282の「皇帝」を初めて耳にしたわけです。(日本のコンサート史上、協奏曲で使用するのは初でした)僕の技量は勿論のこと影響されていましたが、しかしそれだけではないピアノ自体が本来持ち合わせている「音楽」があったはずです。

なぜ日本のほとんどのホールは限られたメーカーしかないのか?

誤解の無いよう伝えたいのは、それらのメーカーは素晴らしいピアノです。世界中に愛され、実績もあり、僕自身、深く心と対話しながら音楽を奏でられる信頼しているピアノメーカーです。

・・・しかし、ピアノはそれだけではない。

あの夜にあった響きは、我々が普段あまりにも聴き慣れている「響き」に対し、想像していたものとは全く違っていたはず。

音楽は多様性に溢れています。ベートーヴェンも様々な作品を書いています。ショパンだってシューマンだって、他の全ての作曲家が素晴らしい多くの作品を残してくれています。しかし日本という土壌ではその広がりを見せていない。見せる事ができない、もしくは見せ難いとも言えます。そして、ピアノメーカーの問題はそれに似ています。

我々音楽家は多種にわたる(メーカーだけでなく年代も含め)楽器の魅力、そして作品など、それら二つをもっと柔軟に社会に受け入れてもらえるよう、そして楽しんでもらえるようにする意識と活動をさらに積極的にしなくてはなりません。

確かに最近はフォルテピアノの魅力も再認識され始め、各種イベントが行われています。それはとても嬉しい動きです。しかし、我々が普段最も身近に接する機会の多いモダンピアノの中にも「様々な差の魅力」が在ることも再認識したいところです。その種のレクチャーやコンサートは行われていますが未だマイノリティだと言えるでしょう。ピアノの世界ではその意識はまだまだ「閉鎖的」です。ホールでは少なくとも5,6種類のピアノから選びたい。そして大学などの音楽教育機関でもその問題を重く捉え、色々なメーカーや年代のピアノに学生達が触れられる機会をもっと増やしてほしいと思います。

世界的ピアニストのアンドラーシュ・シフが興味深いことをインタビューで語っています。「ほとんどのピアニストが(ピアノに)全く興味がない」

(ドイツ語です)
http://www.fr-online.de/musik/andras-schiff-interview--die-meisten-pianisten-sind-ueberhaupt--nicht-neugierig-,1473348,29687996.html

インタビューでは色々と語られていますが、上記にあるのと同じように「ピアノメーカーにおける現状への疑問」が強く投げかけられています。「色んなピアノがあること」「聴く耳が偏っていること」「違いを受け入れられない(選択肢を欲さない)」など。

・・・その日は、「音楽業界の現状」の根底に流れる様々な「事情」についてもゆっくり深く話し合いました。あの日にベヒシュタインで演奏したことは、"そういう意味"で「一石を投じる」気持ちであった、と自分ではそう思っています。


一言一言をゆっくり味わいながら、考えながら語り合うのはいいものです。他にも色んな話題に華が咲きました。明日へ繋がる勇気をもらいました。お酒は結構な量を飲みましたが、夜風が気持ちよく歩いて帰るにはとても心地よかったです。

レッスン備忘録「慣れ」

ショパン英雄ポロネーズの直筆譜

癖と言うものは誰にもあるもので、もちろん僕にもあります。「何度も弾いている」作品、ようするに「慣れている」作品こそ落とし穴(癖)がたくさん潜んでいます。

弾き慣れてしまうと新たな追求への意識が薄れていきます。既に築いている表現やテクニックの中で物事を処理しようとしてしまうのです。 そしてとても怖いのは、テンポや音形、拍感など、様々な定められたものが崩れてきていることに「気付きにくくなっている」ことです。

作品に対する自分のイメージが先行してしまい、「楽譜を見ること」と「表現すること」の歯車が噛み合わなくなります。今一度正しく楽譜を見てみましょう。何が書いてありますか?「楽譜を読んで楽器を弾く」という当たり前の事、初歩的なのにもかかわらず最も失われがちなことの一つです。

レッスンで時々拍子のところを突然手で隠して「この曲の拍子は?」と生徒に聞くと、以外にも言葉に詰まるか、自信なさげに答えたりします。そういうことです。うその様な本当のはなし。気付くと惰性で弾いてしまっているんですね。けれどこの話はあまり笑えません。こうなる可能性は誰にでもある事なのです。

何度も弾いてる作品だからこそ「初めて譜読みする時のような意識で」もう一度楽譜を見直してみませんか?

György Ligeti - Mysteries of the Macabre

本当に素晴らしい。ライブで聴いて、見てみたいです。



FAZIOLI

久しぶりの投稿です。最近はほぼ毎日のように打ち合わせ、レッスン、リハーサル、練習でゆっくりとパソコンに向かう時間がとれませんでした。と言う事で3月7日に戻ります。

この日はライターの方に誘われ東京は田町にあるFAZIOLI(ファツィオリ:イタリアのピアノメーカー)のショールームを訪ねました。ピアノは触ってみなければわからない、正にそれを再認識した日でした。

【FAZIOLI】
ショールーム入口

FAZIOLIのショールーム。たくさん試弾させて頂きました。ワルシャワでのショパンコンクールに出てたもの、それから一歩変化した新しいタイプのもの、3mを超えペダルが4本あるものなど色んなファツィオリが。一言では表せない溢れる感動。指と心が躍りました。やはり実際に弾き、耳を澄ませ、楽器との対話を静かに深めなければ個々の魅力はわかりません。

社長のAlec Weilさん自らスクリャービンを演奏するなど盛り上がりを見せつつも、エスプレッソを飲みながら「ピアノの個性」「音楽教育」「現状」など様々な話題を真剣に話し合い、大変有意義で幸せなひと時となりました。
社長のワイルさんと

九州熊本でのレクチャーコンサートと個人レッスン

4月19日(日)に九州は熊本にあるピアノハープ社㈱でレクチャーコンサートをさせて頂きます。それに伴い、前日の4月18日(土)に末永による個人レッスン(非公開)が設けられています。ご興味ある方はピアノハープ社に直接ご連絡下さい。お早目のご予約をお勧め致します。

お会い出来るのを楽しみにしています!

Tel.: 096-386-8248
受付時間:9:00-19:00

第9回工房コンサート音律シリーズ(最終回)vol.4

C.Debussy
先日第8回を終えたばかりですが、非常に多くのご要望を頂戴し、次回イベントの開催についてのイベントページを作成致しました。是非ご確認ください。(シェアして頂けましたら大変嬉しく思います)
また、先日のイベント終了時点で既に半数近くのご予約を頂いております。お早目のご予約をお願い申し上げます!チラシは出来次第アップします。

★第9回工房コンサート音律シリーズvol.4
「しっかり聴いてドビュッシー(仮名)」
~平均律から香る響きの色彩(仮名)~

★詳細
日程  2015年5月31日(日) 
時間  14:00開演(13:30開場)
会場  ユーロピアノ八王子 技術・営業センター工房内
登壇者 末永匡 稲岡千架 内藤晃 加藤正人
曲目  ドビュッシー(牧神の午後への前奏曲、映像、版画、前奏曲集より)※プログラムは変更になる場合がありますので、あらかじめご了承下さい。
入場料 2,000円 ペア券3,500円
    (3名様以上はお1人様1,500円)

★お問い合わせ
ユーロピアノ八王子技術・営業センター
〒192-0063
東京都八王子市元横山町1-12-6
TEL 042-642-1040
定休日:土曜日・日曜日

または、FBメッセージ、メールなど主催者への直接のご連絡、イベントページでの参加クリック(後ほど確認の連絡をさせて頂きます)でご予約下さい。

※前回のイベント終了時点で既に半数近くの予約を承っております。お早めのご予約をお勧め致します!

★主催 工房コンサート実行委員会
★協賛 ユーロピアノ株式会社

★主催者よりメッセージ

工房コンサートも第9回を迎えました。その中で始まった音律シリーズ。今回はその4回目となり、「ドビュッシーと平均律」を取り上げてみたいと思います。

この工房コンサートシリーズは「多様性」への価値を認め「柔軟で多角的なアプローチ」により音楽芸術作品を検証、そして(知る事、レクチャーへの参加で満足するだけではなく)最も大切な「実践への還元」を目的としています

歴史上実際に存在し活用されてきた様々な調律法。現代使用されている平均律の響きが存在していない中で作曲されてきた様々な名作品群。それらの響きを実際に体感する事は我々に多くの演奏表現上のヒントを与えてくれます。

「音律」と言う言葉を耳にするだけである種の距離感を感じてしまいがちかもしれません。しかし実はそれは最も身近で親しむべきものだと我々は確信しています。また、なぜ今の平均律が存在するのか?外から見ることによって平均律の魅力にも気付くでしょう。

さらには音律の話は音律の話だけでなく、音楽史、楽器学、作曲技法始め他の様々なテーマとも深く絡み合っています。過去と今を結ぶ歴史の魅力を紐解き、もう一度耳を澄ましてみましょう。何かが聴こえきて、多くを僕らに語りかけてくれるはずです。

少しずつこの価値に共感、ご賛同頂ける音楽を愛する方々との輪の広がりを実感しています。これを機に是非参加しませんか?皆様と再度この時間を共感共有できる事を楽しみにしています!

なかなかタイトルをつけれない、そんな日もあるさ

レッスンではショパン、バッハを。

ピアノを弾く生徒たちを見て、やはり一生懸命音楽に向かう姿勢はとてもいいものだなぁ!と。見ていてこちらも気が引き締まり、同時に勇気と感謝と温かい嬉しさを感じます。音楽の世界を一緒に探求しようという気持ちになります。

・・・レッスンを思う。教育を思う。

わからないこともある。

問い続ける日々です。

しかし、音楽で教育活動にも従事できることに誇りに思います。

今後はコンサート活動はもちろんですが、(今まで経験してきた)自分だからこそできる様々な教育的アプローチを持って教育活動をさらに活発化していきたいと思っています。レッスンを通して少しでも皆様のお役にたてればと思い、今後プライベートレッスン枠を増やす予定です。ご興味ある方はぜひご連絡下さい。室内楽なども可能です。(これについては後日、詳しく記載します)

さて、今日は朝からスカイプで今後の工房レクチャーコンサートについての話し合い。今さらですがホント便利な世の中ですね。話し合いは次回の「平均律とドビュッシー」についてと「第10回の大イベント」について。希望と課題が入り混じる、そんな気持ち。

その後、レッスンではリストのダンテを聴く。ただでさえ花粉のせいで少なくなっている体力と精神力のほとんどをもっていかれる。次の打ち合わせまで20分ほど時間が空いたので自分の練習を。と思ったが気付けば一瞬寝てしまっていた。そして急いで次の打ち合わせ場所に。プロジェクトの心躍る様々な話題で元気を取り戻しつつも「そこで自分の出来ることは何だろう?」と問いながらその場を去る。

運転中、注意しなくてはならないとは解っていながらも今後のソロリサイタルの各プログラムを考える。すると、今後のコンサートやレクチャーなどでお世話になる各所からの連絡が重なる。

・・・しっかり練習をして目の前にある一音と一言を丁寧に発信していこう、ただそれだけです。

P.S.今日の打ち合わせ場所はとても素敵なところでした。

先日・工房・イベント・音律・楽器・・・広がる輪

Beethoven Klaviersonate Nr.8 Op.13 第2楽章
自分が思っていた以上に疲れていたのだろうか。レクチャーコンサートの翌日、起床時から頭がボーっとしてそれが一日消えることはなかった。なんとかスケジュール等の作業を進めたが、メールや電話の後で変な事を話したり書いたりしてはいなかったか気にしたり・・・。

レクチャーコンサート開始!
6年前から少しずつ続けているピアノ工房でのレクチャーコンサート。どんな時も信念を持ってテーマに取り組み、少しでも"それ"を周りに伝えたく続けてきました。 心が折れそうになる事も幾度とあったけれど、直感的に「この企画は絶対(啓蒙的に)必要であり、発信すべきだ」と感じていました。もはや「使命感」のようなものです。力強いその気持ちに支えられ、突き動かされてきた、と言えるでしょう。その気持ちは消えることなく今でも心に留まっています。

先日行われた第8回ピアノ工房レクチャーコンサート。その中で新たに企画された「音律シリーズ」。今回はシリーズ第3回目を迎え「古典調律の一つ、キルンベルガーⅢを使用しベートーヴェンのソナタの響きを体感」しました。第1回はモーツァルトを、第2回はバッハ、そして今回第3回はベートーヴェンとあって、気持も一層高まり「とうとう来たか」という感じに。

※資料提供でとてもお世話になっているピアノ調律師「岡本芳雄」さんのサイト。古典調律について詳しく載っています。

【鍵盤楽器の為の十二音相環図】
http://pianotuning.jp/

このイベントは、史実を追い求めることが目的ではありません。しかし、適当にしているわけでもありません。工房コンサートメンバー全員で様々な文献を調べ、何度も議論し、フォルテピアノやモダンピアノ(時にはチェンバロも)など使用し実際にその響きの中で検証に検証を重ね「勉強」しています。その上でテーマ「作曲家と調律法」が決まります。そしてようやく「今回はこのポイントに絞り、このようなアプローチで発信しよう」と決まるわけです。この企画の最終的な目標は「それらの体験からどのような音楽的表現のヒント、または可能性を得れるか、そして普段我々の最も身近にある"平均律"と"モダンピアノ"でどのようにそれを表現するか」なのです。 歴史の中に(その当時)実在し使用されていた調律法でその響きを体感すると言うのはとても意味のある試みだと思っています。

今回もまた前回に引き続き「大きなヒント」を得ることができました。ベートーヴェンのピアノソナタより3曲(悲愴、ワルトシュタイン、テレーゼ)を抜粋し、その一部を使用し音律サイドからその響きの世界を覗くと強烈な印象を受けます。

音律、と言えば「古楽の世界」という(普段モダンピアノを弾いている方々から)一般的にはそのようなレッテルを張られがちですが、我々はそうは思っていません。そして思っていない方々も多くいらっしゃるのだ、とこのイベントを続けることによって強く感じました。そのような方々と出会えることに大きな喜びを隠せません。

根本的なところでは「古楽なのかそうでないのか」というカテゴリーはあまり深い意味を成しません。音楽という同じ「フィールド」で、そして音楽史という同じ「線上」にいるのです。その繋がりの重要性を知れば知るほど音律の事も無視できなくなります。同時に、音律を知れば知るほど音律だけでは語ることができなくなってくる「音楽的な様々な事」も痛感します。その中の一つが「楽器」についてです。

・・・本当に我々は「ピアノ」という楽器を知っているのでしょうか?

偉大な音楽作品の世界の深部を覗こうとすると、あらゆることの関係性が「有機的」であると実感します。1つのサイドから語り続けると必ず壁にぶつかり進めなくなります。となると別の方向からアプローチしなくてはならない。それを続けて行くと「必要ない事なんてないのでは」と思うほど様々な事を知らなくてはならなくなってくる。「(構造だけでなく、鍵盤楽器が変化していく歴史の中の過程も含めた)楽器学」は語られるべくして語る必須項目の一つなのです。

知れば知るほど、知らないことが増え、解らないことが増えれば増えるほど、興味が湧く・・・その連続です。

音律について講義中の加藤さん
これまでのレクチャーコンサートでは、時に全くと言っていいほどお客様に恵まれなかったこともありました。勿論その可能性は今もあります。しかし、続けて行くことによって少しずつですが拡がりを見せています。お陰さまで先日のイベントは超満員の中行うことができました。決して大きなイベントではないけれど、来て頂いているお客様とは、通常のコンサートとは何となく違う種類の身近さと太く温かい関係性が構築されて来ている、と勝手ながら感じています。

3時間を超えるレクチャーコンサート。休憩中も多くのお客様が熱い質問を、いくつも投げかけて下さいました。その中には時として我々も答えられないこともあります。しかし、だからこそ嬉しくて楽しい。それこそ「成長のチャンス」です。次までには勉強しておきます。皆様と一緒に成長していく。レクチャーという名は付くけれど「教えている」という感覚は正直全くなくて、検証によって得た様々な有益な音楽的ヒントを披露し、イベントが進行している途中さえも新たな発見があり、お客様からの多くの疑問やアイデアなども交差し、気付けば互いに成長し合っている、そんな時間です。そんな時間であってほしい・・・!皆さんと一緒に変わっていく工房レクチャーコンサート。半学半教。

試弾
レクチャー終了後も多くのお客様がその場に残り、今回使用した3つの鍵盤楽器①「Dulcken(フォルテピアノ1815年レプリカ)ミーントーン」②「C.BechsteinC91(モダンピアノ)キルンベルガーⅢ」③「C.BechsteinD282(モダンピアノ)平均律」を楽しそうに試弾されていました。やはり聴くだけでなく、直接弾くことによって音と自身の体を直結させなければ、その素晴らしさを理解することはできないでしょう。楽器の素晴らしさは触ってみなければわからない。

対談
また、先日芸劇で演奏したベートーヴェン皇帝のテーマでの対談が急遽組まれました。 色々と言葉を交わせて頂きました。終わったコンサートについて語ることは普段滅多にありません。ある意味する必要はありません。しかし、普段耳にするのとは違うメーカーを使用すること、この意味は我々が思っている以上に大きい、と言えます。日本という土壌だからこそ。ただ「メーカー変わったのね」で終わってしまえばそこまでです。しかし、長い音楽の歴史をふまえ「多様性に満ちた」音楽のさらなる魅力的な色彩に静かに耳を澄ますと、今まで聴こえなかったものが聴こえてくるものです。人の耳と心はそれを深く感じる事が出来るのです。楽器メーカーが変わると言うのは想像以上に深い意味があり、想像以上に豊かな音楽的一面を提示してくれます。

よって、今回このような場を提案頂きとても感謝しています。ベヒシュタインピアノを使ってのコンチェルトは(スタインウェイのタッチや響きに慣れていたので)演奏しながらも全く今までになかった感覚を抱き、響きにも新たな発見があり「驚きと喜び」を隠せませんでした。弾いてる本人がそう感じているから、聴いていた方々はそれ以上に「様々な感覚」を得られたかと思います。個人的には、3度目となった"自分の中のベートーヴェン皇帝"に「新しい皇帝の一枚」が追加されたと感じています。スタインウェイの時と感覚が全く違う。さらに言えば、スタインウェイ以外のピアノでコンチェルトを演奏できることは(僕の中では)無かったので、そういう意味においても決して消える事のない、音楽的にも貴重な「経験」であったと言えます。ザウターとかベーゼンとかでの皇帝はどんな響きがするのでしょうか・・・。

そして最後にCBechsteinC91(キルンベルガーⅢ)でオケパートを、C.BechsteinD282(平均律)をピアノソロパートで皇帝の2楽章を演奏し全行程を終えました。キルンベルガーのオケと平均律のピアノソロ、これも一興。素晴らしい響きのグラデーションと立体感です。絶妙に合うので是非お試しあれ。

レクチャー中の様子
次回の工房レクチャーコンサートは5月31日(日)に予定されています。音律シリーズ第4回で、これをもってシリーズ最終回となります。テーマはもちろん「平均律」、注目する作曲家は「ドビュッシー」。先日のイベントでは既に多くのお客様がその場で予約されていました。詳細は追ってFacebook、Twitter、Blog、各ウェブサイトなどで発信しますが、それを待ちきれないという方はユーロピアノ㈱、またはスエナガはじめ工房コンサートメンバーに気軽にお問い合わせ下さい。

長くなりましたが、最後にあと少し・・・

後日、多方面から大変多くの反響を頂きました。手作り感満載のイベントですが、皆様のご期待に応えられるよう今後も精一杯頑張っていきたいと思います。引き続き応援よろしくお願い致します!

音楽は本当に魅力的で面白いです。苦しさを含む大きな喜びと感動がそこに存在し、明日への活力、生きる力を与えてくれます。「今生きているんだ」と強く感じます。常に変化し続け、演奏者の人生をそのまま映し出す鏡である「音楽」というもの。その一瞬にしか存在しない音を、皆様と再度共感共有できればと願っています。

お客様はじめ全ての関係者の皆様に心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

P.S.打ち上げ時の写真を・・・メンバーの一人、ピアニストの稲岡さんがいない!ごめんねチカちゃん。
調律師の加藤さん、素敵な笑顔です!